FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.06.18 (Sat)

いつかはと思ってはいたけれど・・・

猫のごぢらが2日前から食欲がないとお母さんから連絡があり、
その翌日に病院へ連れて行くことにしました。
私が家に帰る頃は病院は終っているので
お母さんに連れて行ってもらうことにし、
私は家に帰ってすぐにお母さんの家へ向かいました。

そこにいたごぢらは、つい先日見たごぢらとは違い、
やせ細って目にも生気がありませんでした。
2日前まで元気だったのに・・・
足もよろよろして、それでもお母さんの後をついて行こうとしてる。

獣医さんによると歳も歳なので、血液検査をして調べるかは
そちらで決めてくださいと言われたそうで、その日は点滴をして
帰ったそうです。
もしかしたら検査して原因がわかってなおるかもしれない・・・
明日検査しに行こうと私は言いました。
そして今日、食べてくれないかもしれないけどいつも買っていくと
喜んで食べていた猫缶を買ってお母さんの家へ行きました。
行ったら妹もいました。
そしたらやせ細ってはいたけどいつものごぢらが
猫缶ちょうだーい♪って催促してきました。
あー!元気になったんじゃん!!!よかった・・・
ごぢらは猫缶を全部食べてしまいました。

でも心配なので一応検査に行こうということになり
病院へ連れて行きました。
血液検査の結果は・・・

腎臓の数値が異常でした。。。
腎不全と言われました。
今日猫缶を食べれたのは昨日打った点滴のおかげのようです。
猫は腎不全を患う率が高いそうです。
うちのごぢらの場合は老化により腎臓から弱ったんだろうと
言われました。
薬と専用の猫缶をもらって帰ってきのたですが、
腎不全は人間なら人工透析が出来るけど猫にはそれがない。。。
いずれお別れの日が来てしまう・・・
今年の夏で18歳になるごぢら・・・
もう人間だったら88歳くらいだよ。
随分長生き?いやまだまだだよ。。。

これを書こうかどうか悩んだのですが、
一人で考えていると涙が止らなくて・・・
少し自分を整理したくて、書くことにしました。

ブログを読んでくれている皆さん、ブルーな話でごめんなさい。
21:26  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

まだ私が実家にいたころ黒猫を飼ってました。
その猫は私が小学生のころから飼いはじめ可愛がってました。
私の猫好き(特に黒猫)はこの猫のせいです(笑)
しかし飼いはじめて15年くらいかな?
お腹に水が溜まる病気に掛かり実家に帰るとお腹が異常に膨らんでました。
(そのころは会社の寮に入ってた)
それでも私が帰ってきたのが分かったのか擦り寄ってくるんですよ。
あれはかなり辛かったですね。さすがに涙が出そうでした。
その後、人知れず息を引き取ったと親から聞き少し泣いちゃいました。
ですから、なっとぎょさんの気持ちは良く分かるつもりです。
やっぱり少しでも長生きして欲しいですよね。
同じ猫好きとして私もそう思います。がんばれ!ごぢら!!
KAZOO |  2005.06.18(土) 23:10 | URL |  【編集】

ありがとう

KAZOOさんも猫ちゃんに思い出があったんですねー。
猫ってすごい気まぐれだけど、さびしがり屋で
家族が家に帰るとき遠くから音をききわけて玄関に
走り寄るんですよねぇ。
ごじには大好きな猫缶を好きなだけ食べさせてあげようと思います。
KAZOOさんのコメント読んで涙したし、励まされました。
どうもありがとう。
なっとぎょ |  2005.06.19(日) 22:23 | URL |  【編集】

生死と向き合う

動物に限らず生き物が終焉を迎える物悲しさはやはり辛い物ですよね。愛着がわいている生き物ならばなお更です。こういう体験をしてしまうとなかなか生き物を買う勇気がなくなっちゃいますよね。
うちにも16年くらい飼っていた犬が居ましたが、最後は重い病気にかかって、あまりにも苦しそうだったとのことで獣医さんに安楽死させてもらいました。この時僕は東京に転勤していて犬の死に目には会えませんでした。でも、家族から電話を貰ったときには悲しくて妹と二人でなきながら電話していたのを覚えています。
やっぱりそのときは辛かったけど、買っていたときのイロイロな出来事が頭の中を駆け巡って、あぁ~飼ってて良かったなって思いました。
(自分では殆ど面倒見てませんでしたけど。。。)

なっとぎょさんもイロイロ複雑な思いがあると思いますが最後までかわいがってあげてくださいね。
taro@ヘッポコS乗り |  2005.06.20(月) 22:03 | URL |  【編集】

ありがとうございます。

>taroさん
ありがとうございます。
ごじを拾ったのは私ですが、大学が札幌で4年間
離れていたし、結婚して家も離れてしまって、結局
お母さんがずっと面倒みてるんですよね。
今はお母さんの家が車で15分くらいの近いいところにあるので
ちょこちょこ見に来ようと思います。
なっとぎょ |  2005.06.21(火) 22:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nattogyoza.blog10.fc2.com/tb.php/26-e31bc262

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。